Phone Icon03-3606-3491

envelopeContact Us

へら鮒釣りの楽しさを追求し続ける

logo

へら鮒社推奨釣り場情報

野⽥幸⼿園

Fishing pond noda-satte

  • 【釣場名】

    野田幸手園 (のだ さってえん)

  • 【形態】

    管理釣り場

  • 【定休⽇】

    年中無休(元旦のみ休業)

  • 【営業時間】

    4~10月 6~16時まで。土曜日15時30分納竿。日曜日3時納竿。
    11~3月 6時30分~15時半まで。土曜日15時30分納竿。日曜日3時納竿。

  • 【料⾦】

    ●祝、日曜日は1日2500円 半日(11時から)2000円 女性1500円 子供(高校生まで)1000円
    ●平日割引(月曜から土曜日)1日2000円 半日(11時から)1500円

    【イベント情報】
    ●毎月第2火曜日に底釣り会。規定は2本のハリを地底に付けた完全底釣りの釣り方のみ。
    年間順位を争うのではなく、毎回集まった参加費は釣り場料金以外は順位に応じてキャッシュバックされますので
    気軽に参加できます。参加費は3500円
    ●毎月第3金曜日は愛好会が開催されています。
    各メーカーを代表する名手達も参加していて、気軽に教えてくれるので釣技の向上になります。
    参加申し込みは当日で結構です。参加費は商品付きで3500円
    ※両方とも祝日と重なるときは一週間など繰り下げます

  • 【規定】

    ●竿8~無制限
    ●タナ第一オモリから1m以上
    ●生きエサのみ禁止

  • 【特徴】

    大自然のありのままの景観を色濃く残すのどかなロケーションが広がり、圧倒的な魚影と800名ぐらいが入れる広大な水面積を誇る。
    また、管理釣り場でありながらボート釣りもできる日本を代表する管理釣り場。
    浅場から深場と水深も変化に富んでいるので、メーターから底釣りまで幅広い釣り方楽しめる。水深は1~4.5m

    大自然の中で数釣りが堪能できる!! 5~10月いっぱいまではメーターダナなら8~9尺あればアタリは続きます。
    これ以上長いと寄りすぎて(両ダンゴの場合)、エサを持たせるのに苦労してしまいます。
    深場エリアのさつき~松桟橋までの間は8~12尺で竿いっぱいでダイナミックなアタリが堪能できるチョーチン釣りが
    楽しめます。エサは両ダンゴの釣りが主流となる。
    しかし、魚影がすこぶる濃いので、ナジミが出ないほど寄りが激しいときは、ペレット系のエサでペレ宙の方がエサが
    持つので釣りやすい。
    11~4月いっぱいまではセット釣りがメインになります。11月下旬には1枚キロオーバーの良型新べらの放流が
    始まります。すると長竿(18尺以上で)両グル、バラグルセットで一度もハリ掛かりしたことのない背中の盛り
    上がった美べらに出会えます。
    旧べら狙いは年内いっぱいまではメーターウドンセットでアタリが続きます。この頃をすぎると冷え込みが厳しく、
    強風の日が多くなると8~11尺竿いっぱいの深いタナを狙ったほうがアタリが多くなることが多い。
    また、強風時にお勧めなのが底釣りです。
    バランスの底釣りから始めて、アタリが遠いようなら段差の底釣りに切り変えてください。

    野田幸手園HP https://satte-en.wakuwakufield.jp

  • 【所在地】

    千葉県野田市中里3198

  • 【TEL】

    04-7127-2300

  • 【アクセス】

    常磐自動車道「柏」ICから国道16号線を野田方面に進み、中里陸橋を越えて1つ目の信号(右角に森永の看板あり)を右折して、突きあたったら左折して道なりに進むと左側に池がある

場所 : 千葉県野田市中里3198

形態 : 管理釣り場